アーティスト/クリエイター/コンテンツホルダーの皆様へ

My CD Storeは

●あらゆる音楽、映像アーティスト/クリエーター/レーベル/コンテンツホルダーに
提供する画期的なサービスです。

●アーティスト/クリエーター/レーベル/コンテンツホルダーの
作品、コンテンツ(アナログレコード、CD、DVD)を扱います。

●アーティスト/クリエーター/レーベル/コンテンツホルダーが、
頭を抱えている諸問題の全てを解決します。


作品を販売することを目的としなければ、ジャンル、メジャーを問わず、作品を発信すること自体は、昔と違い比較的容易に出来る時代となりました。

例えばオフィシャルサイト、配信サイト、Web Magazine等、レーベル/アーティスト/クリエーターが、ダイレクトに作品をユーザー/ファンに届けることが出来ます。

しかし、いざ販売を考えると、諸問題に直面します。

CD/DVD製造だけでも、ジャケットデザイン、レーベルデザイン、ディスクプレス代、ジャケット印刷代、それらに伴う煩わしいデザイン、他の制約、製造契約手続きの面倒さ・・・。

一方、販売においても、ディストリビューターの選定、価格設定、販売手数料の不自由度、在庫、返品の解釈、それらに伴う数々の制約、契約書の複雑さ、さらに売上支払い(入金)においての解釈違い等、上げればきりがありません。

また、アナログレコード/CD/DVDの販売ほどではありませんが、配信においても製造費に近いものや各種登録費用、契約の複雑さがあります。

ここで、レーベル/アーティスト/クリエーターには、急にハードルが高くなってしまうのではないでしょうか。

このままでは、今後、レーベル/アーティスト/クリエーターは作品を発信するだけで終わってしまい、それにより、創作の継続が困難になるのではないかと危惧しております。

そこで、早急に新しいアナログレコード/CD/DVD販売方法を立ち上げなくてはならない、と思い立ちました。


まず、

●レーベル/アーティスト/クリエーターに、メリットを提供出来るか?
●レーベル/アーティスト/クリエーターに、諸問題の煩わしさを少なくするには?

制約の無いレーベル/アーティスト/クリエーターが、作品、商品に対し、権利を持つインフラ提供サービスとし、レーベル/アーティスト/クリエーターは、作品とジャケットデザインをするだけとしました。
よって、契約も簡素化し中間コストをなくす為、製造から決済まで受ける形にしました。

次に、

●配信のように手軽にパッケージ商品を販売できないだろうか?
●それも日本だけでなく、世界中に販売できないだろうか?

インターネット通信販売にし、Web shopを立ち上げ、決済方法を多くしました。
(銀行、郵便局、クレジット、コンビニ、Paypal)


更に、

●通信販売のネックの1つとなっている、送料を下げる為には?

パッケージ自体を見直し、簡易包装により郵送が出来るオリジナルエコ紙ジャケットを開発。
これは従来のPケースよりも破損が少なく、更に、ゴミを出さずにすみます。
これにより、代引きなど手数料負担なく、最低限の送料が可能になり、全世界同一料金による販売が実現できました。


●商品の在庫、返品はどうするのか?

自社倉庫を持ちレーベル/アーティスト、クリエーターの商品を2年間預かる形にしました。


●価格設定はどうするのか?

インフラサービスですので、レーベル/アーティスト/クリエーターが独自に価格設定することにしました。


●最低ロットは何枚から出来るか?

300枚とし、イニシャルは手売り分を含めることにしました。


●最低販売枚数、手数料はどうするか?

1枚でも売上(入金)出来る形にし、最低限の手数料にしました。


My CD Storeは、以上のコンセプトから立ち上げました。

レーベル/アーティスト/クリエーター/自らが作品に対し全てを決定し、私たちはそれらを世に出すインフラを提供します。

My CD Storeは、製造~在庫~販売~決済まで代行する全く新しいインフラサービスです。

従来各段階で必要であったコストをPOSCA一社で運営することにより、コストを大幅に削減できました。
その削減したコストをレーベル/アーティスト/クリエーターに還元し、次の作品を生み出す環境が整えられ、また新しい作品が生まれる。
それがMy CD Storeの願い。
青臭いですがそれが私たちMy CD Store(POSCA)の企業ポリシーでもあります。

過去に無い全く新しいサービスの為、本説明だけでは、説明不足だと重々承知しております。
お問い合わせいただければ詳細をご説明申し上げますので、お気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3831-0007 (平日11:00~18:00)


My CD Storeは既存のエンタメ流通と競うものではありません。
お店で商品を選び買う楽しさ、配信の利便性、即効性、レンタル店、中古販売店の経済効率、現代のエンタメを楽しむ選択肢としてどれも必須です。
エンタメファンはそれら選択肢を、LIFESTYLE、TPOに合せ活用しています。
My CD Storeは、レーベル/アーティスト/クリエーターサイドにたったインフラと、世界の購入者のメリットを加味して考えられたものです。
エンタメを手軽に楽しめるひとつの選択肢(インフラ)として運営していく所存です。

My CD Store運営STAFF一同